80%超の男性が彼女の臭いが気になった

女子は体の悩みは尽きません、中でも人には相談しにくいのがデリケートゾーンのニオイ。アンダーウエアを脱いだ時の、あのモワッとした感じ、ツーンとした臭い。

 

自分でも臭いっていうことは・・・ 他の人からすると・・・  考えただけでもゾッとしますよね。

 

 

あなたはこんな経験はありませんか?

◆彼が下半身を愛撫するのを躊躇する、もしくは舐めてくれない
◆行為が終わった後、彼がおもむろに手をゴシゴシ洗う、またはシャワーを浴びたがる
◆彼が行為に対して、消極的になった

1つでも身に覚えがある人は、残念ながら自分のデリケートゾーンの臭いが原因の可能性がある、と疑った方がいいかもしれません。そして、20〜40代男性のアンケートによると、信じたくない結果がでているのです。

 


何と80%超えの男性が、女性のデリケートゾーンのにおいが気になると回答しているのです。そして、90%以上のケースでそれを女性には伝えていないということです。確かに伝えらえれないですよね。

 

 

イケメン達3人による、デリケートゾーンの臭いに対する赤裸々な意見はこちらの動画です。

引用元:lovecosmetic

 

 

地球上で最強に悪臭をはなつ場所がデリケートゾーン

センセーショナルなフレーズですが、これが現実です。様々な臭いの元が複雑に絡み合い悪臭となっているので、普通の石鹸でいくら洗ったところでは、デリケートゾーンにおいが取れないのは当然なのです。

 

<デリケートゾーンが臭う原因>
◆雑菌の腐敗物
◆粘膜、生理時の出血、尿のふき残り、垢、汗(アポクリン腺)の密集により雑菌の繁殖
◆高温多湿で常にムレている

 

デリケートゾーンのにおいの元を一言でいうと、雑菌の腐敗物になります。デリケートゾーンは粘膜で覆われており、雑菌の大好物であるタンパク質が豊富にあり、雑菌がとても繁殖しやすい場所です。

 

また、汗をかきやすい部位であり、2種類ある汗腺のうち臭う方のアポクリン腺が密集しており、分泌される皮脂やアンモニアが雑菌のさらなる繁殖を助けます。

 

さらに、常に高温多湿な環境で、垢が溜まりやすく生理時の出血や尿の拭き残りなど、雑菌にとってこの上ない環境なのです。

 

ゴシゴシ洗い過ぎは逆効果!
清潔にすることを意識するあまり、デリケートゾーンを一生懸命に、念入りに念入りに洗う女性が多いですが、これには注意が必要です。

 

膣の中には「デーデルライン棹菌」という善玉菌が常に住みついており、この菌が膣内を酸性に保ち外からくる病原微生物の侵入をブロックします、つまり自浄作用の役目を果たします。

 

綺麗にする意識は正しいのですが、名前のとおりデリケートな部位です。ゴシゴシ洗い過ぎると、膣を守ってくれるこの善玉菌まで減らしてしまい、膣内は炎症を引き起こしやすくなり、オリモノの量が増え臭いが増えるようになります。そして、黒ずみの原因にもなります。

 

 

◇正しい洗い方はこちらの記事で
⇒ それ正しい?デリケートゾーンの正しい洗い方

 

 

 

■デリケートゾーン専用のケア商品が有効
これだけ多くの方が悩むデリケートゾーンのにおいに対し、医薬品の技術も目を見張る進化を遂げており、今では自宅でも簡単にケアできる専用商品が販売されています。

 

当サイトでは、美容雑誌、販売実績、各種口コミサイトから情報を集め、総合的に判断した結果をランキング形式で紹介します。

 

※「匂いへの効果」、「黒ずみ効果」、「保湿効果」、「口コミ人気」を5段階評価し、ランキングのあとに一覧表で纏めていますので、あわせてご確認ください

デリケートゾーン専用石鹸・ソープランキング

>>専用ケア商品・美容液ランキングはこちら
 

 

イビサソープ

薬用イビサソープは、陰部の経血や汗などの悪臭を中心とした、女性ならではの悩みを解決してくれる医薬部外品の商品です。

 

最大の魅力は「薬用W成分」であり、2つの成分が、悪臭の元凶となる雑菌を力強く排除してくれます。

 

また、女性の味方である各種ビタミンが5つも入っており、保湿、代謝サポート、コラーゲン生成のサポートなども進めてくれます。添加物が不使用なので、肌が弱い方でも安心して使えます。

 

泡タイプで使い勝手が良く、お風呂の際に2〜3プッシュ出して洗うだけでという手軽さも魅力。有名脱毛サロンが手がけた、利用者満足率97%オーバーというのも頷けるアイテムとなってます。

 

  

 

★他商品にはない返金保証付き

 

価格 容量 評価
定期初回 3,470円 140ml デリケートゾーン,臭い,対策

シークレットレディ ジャムウソープ

シークレットレディ ジャムウソープはインドネシア原産のジャムウが主体成分のソープで、デリケートゾーン特有の嫌なニオイを消すことができます。

 

多くの女性が気になるデリケートゾーンの、ニオイ、ムダ毛跡ケア、引き締めなど、女性の悩みに特化した成分で配合されたジャムウを使用しています。そこへローズの香りが加わることで、女子力をアップさせ使った後もほんわか嬉しい気分にさせてくれます。

 

また使い続けることで、多くの女性の悩みである黒ずみを改善する効果も期待できます。

 

天然植物原料とジャムウが配合され、また艶のある美肌効果も期待できる3種類のパフュームも配合されたオールインワン美容ソープです。

 

  

 

価格 容量 評価
1,955円

(泡たてパフ付き)

100g デリケートゾーン,臭い,対策

ピーチジョン

ピーチジョンはデリケートゾーンの嫌なニオイを消し、汚れを落として黒ずみを防ぐウォッシュオイルです。日本人女性の肌に合うように日本各地から無農薬栽培された素材だけを集めた、純国産・無農薬の自然由来成分がこだわりです。

 

複雑な構造で汚れやすいデリケートゾーンは、オイルで浮かせて洗うことでニオイの元となる汚れや古い角質を取り除き清潔な状態にします。

 

また、たっぷりの天然保湿成分と「バラの女王」とも言われているダマスクローズオイルに加え、モモ、カーネーション、カリンの爽やかで甘い香りが、女性力をアップしエレガントにしてくれます。

 

遺伝子組み換え原料、合成着色料や合成染料、合成シリコンなどは一切含まれていませんから毎日でも安心して使用できます。

 

★価格が2ヶ月分なのも注目です!

 

  

 

価格 容量 評価
定期 3,150円

(1回のみ解約OK)

100ml(2ヶ月分) デリケートゾーン,臭い,対策

アンボーテ フェミニーナウォッシュ

アンボーテ フェミニーナウォッシュはヨーロッパで権威あるオーガニック認証COSMOS基準をクリアした日本初のデリケートソープで、高い消臭効果は評判です。

 

皮膚の乾燥状態がニオイを発生させることに着目し、潤い成分を贅沢に配合しています。洗うことで保湿をし、保湿をすることで黒ずみ対策までするというコンセプト。使い方は簡単で、手を水で濡らして、そこに2〜3プッシュして手で泡立てるだけでデリケートゾーンを洗うだけです。

 

オーガニックの美容成分がたっぷり配合されており、全身に使える肌に優しい感触が人気です。

 

  

 

価格 容量 評価
定期 3,980円 150ml デリケートゾーン,臭い,対策

ジャムウハーバルソープ

ジャムウハーバルソープは圧倒的な販売個数を誇るデリケートゾーン用石鹸です。デリケートゾーンや脇下特有の臭いや角質、黒ずみに対し濃厚植物エキスですっきりさせます。

 

高い消臭効果の秘密はインドネシアに代々伝わる天然ハーブの素材を調合した臭い消し成分を、日本人女性の肌に合うようオリジナルに配合させています。多くの市販石鹸のように機械類を使わない、ハンドメイドも高い効果の秘密です。

 

デリケートゾーンをはじめ全身どこでも安心して使える自然素材の優しい石鹸で、多くの愛用者に支持されている理由です。

 

 

 

価格 容量 評価
1,895円

(泡たてネット付き)

64g デリケートゾーン,臭い,対策

コラージュフルフル泡石鹸

コラージュフルフル泡石鹸は、身体の汚れと雑菌とにおいを洗い落とす薬用抗菌石鹸で、製品シリーズには液体石鹸もラインナップされています。

 

女性のデリケートゾーンの蒸れた嫌なにおいや脇下の汗、臭いにおいを消臭する効果があります。デリケート部位が臭うは雑菌などが皮膚にこびりついてカビ(真菌)のような状態になるからで、コラージュフルフル泡石鹸は、泡の力で雑菌の増殖抑え、カビをきれいに除去する効果があります。

 

洗顔はもとより全身や部分洗いに使え、さらに赤ちゃんから高齢の人までがさまざまな生活シーンで使える石鹸です。

 

 

 

価格 容量 評価
2,300円 300ml デリケートゾーン,臭い,対策

ロンタルハーバルジェルソープ

間違った自己処理をしていると、黒ずみができたり脇下やデリケートゾーンから異臭がでてきたりします。

 

ロンタルハーバルジェルソープはこのような人のために開発された薬用ソープで、ニオイや黒ずみを消す有効な成分であるジャムウの他、ミョウバンや柿タンニンが贅沢に配合されており、黒ずみの改善はもとより、気になるデリケートゾーンのニオイを消すのに効果的です。

 

洗える美容ジェルで、デリケートゾーンに最適な弱酸性で作られています。

 

 

 

価格 容量 評価
4,590円 (2本セット)

(泡たてネット付き)

156g (1本) デリケートゾーン,臭い,対策

シェリーケア

シェリーケアは多くの人が悩むデリケートゾーンの異臭を取り、マンダリンオレンジとラベンダーの爽やかでやさしい香りに包み込みます。

 

シェリーケアに含まれる、アロエベラ液汁は乾燥から肌を守り潤いを与え、カンゾウエキスはダメージからお肌を守り、コンフリーエキス肌荒れをケアし、カミツレエキスは肌バリアを強化し、ニオイケアだけでなく、肌環境を整えます。

 

国内生産で品質管理はきちんとされており、完全無農薬栽培の提携先ハーブ園での自然原料が使われており安心です。

 

 

 

価格 容量 評価
定期初回 2,116円 50ml デリケートゾーン,臭い,対策

愛肌ソープ

愛肌ソープは黒ずみやにおい、くすみを予防するデリケートゾーン用石鹸で、その特徴はインドネシア伝承のジャムウハーブからできた自然派石鹸です。

 

愛肌ソープには30種類もの自然・天然ハーブが使われており、優しい成分で構成されています。官能的なフローラルローズの香りで、使った後は優雅な気持ちにさせてくれる女性に嬉しい石鹸です。

 

 

 

価格 容量 評価
1,980円 80g デリケートゾーン,臭い,対策

 

イビサソープが1位の理由

優しい成分でありながら、薬用W成分で汚れとニオイの元を一掃してくれるのが、イビサソープです。メインのW薬用成分に加え、6種類のジャムウ成分、女性に嬉しい5種類のビタミン、たっぷりの保湿・潤い成分により、洗った後も確実にケアしてくれます。

 

空気と水の綺麗な三重県で多くの手間と時間をかけ丁寧に作りあげており衛生管理も徹底されております。デリケートな部位を洗うので確かな品質を求める多くの女性たちに、高く支持されています。

 

有名脱毛サロンが手がけた確かな品質と実力で、今売れに売れており、その人気と実力で1位としました。デリケートゾーンソープとしては珍しい28日返金保障もついているので、安心してお使い頂けます。

 

 

専用石鹸・ジェル一覧表

※画像をクリックすると拡大します

 

 

 

デリケートゾーンの臭い専用ケア商品・美容液ランキング

プリンセスアンダー

プリンセスアンダーは無添加で、美容成分を配合した純日本製の医薬部外品のデリケートゾーン専用のデオドラント商品です。発売以来多数のメディアで取り上げられて話題になり、専門医師監修のスキンケア大学でも特集されています。

 

発汗抑制と脱臭効果の高い成分「パラフェノールスルホン酸亜鉛」を配合。柿タンニンをはじめ10種類の天然成分が女性のデリケートゾーンの皮膚を守り、美容効果をもたらします。

 

高級ダマスクローズの香りで女子力をアップし、利用者の96.7%が満足する結果が出ているプリンセスアンダーは実力も確かです。

 

  

 

価格 容量 評価
定期初回 980円 30g(約1ヶ月分) デリケートゾーン,臭い,対策

アクアデオ

アクアデオは、女性のデリケートゾーンの悩みを解消してくれる殺菌・制汗クリームです。成分へのこだわりだけでなく、作る場所にもこだわり、安全基準の高い、日本の工場で製造されています。8種類の天然成分を配合、無香料となっています。

 

株式会社ユニオンバイテックで、殺菌検査を行い、99.9%の殺菌効果が得られることを実証しています。殺菌力に不安のある方も安心して使用していただけます。クリームタイプで、気になる時にいつでもひと塗りするだけという使いやすさも人気を呼ぶポイントです。

 

デリケートゾーンはもちろん、足や足の裏、脇、手のひら、耳の裏など全身使用可能というところも嬉しいところです。

 

  

 

価格 容量 評価
定期 5,980円 30mg(約1ヶ月分) デリケートゾーン,臭い,対策

デオプラスラボ プラチナム

デオプラスラボ プラチナムは新発想のデオ・パフュームクリームであると同時に男性を香りの虜にする新しいタイプの臭いケア商品です。

 

99.9%をカットする高い除菌は力は殺菌効力のあるイソプロピルメチルフェノールが配合されており、臭いカットの柿タンニンは従来の40倍も配合されています。デオプラスラボはデリケートゾーンや脇下、バストトツプや足裏さらには手のひらの汗など、気になる部位の臭いをシャットアウト。

 

ニオイカット、除菌、制汗、被膜、収れんの5つの要素を含んだデオプラスプラチナムが、徹底的に臭いの元を除去してくれます。おしゃれなパッケージで色々な部位に使えるので重宝する1本になりそうです。

 

 

 

価格 容量 評価
7,980円 30g(約1ヶ月分) デリケートゾーン,臭い,対策

ピンキープラウド

オールインワン美容液ピンキープラウドは、女性モニタ−500人の事前アンケートを基にして開発されたデリケートゾーン臭い対策用の商品です。

 

調合されている8つの天然オイルは、プロのアロマテラピーでも使われている抗菌効果の高いものになります。またインドネシアで古くから伝わる天然ハーブのジャムウを配合することで、女性の美と健康を守ることにポイントを置いています。

 

ピンキープラウドの効果はデリケートゾーンや脇下などの不快な臭いを消すほか、黒ずみを改善し、さらに気になる肘の臭いも消すという、多機能型の美容液です。オーガニック成分にもかなり拘っており、どんな部位にでもお使い頂けます。

 

 

 

価格 容量 評価
3,534円 80ml(約1ヶ月分) デリケートゾーン,臭い,対策

 

プリンセスアンダーが1位の理由

コスメ美容のデオドラント部門で、今売れているのがプリンセスアンダーです。

 

臭いの原因の元となるデリケートゾーンゾーンの乾燥を美容液にも使われる厳選した10種類もの美容・潤い成分で保湿します。余計な汗を抑え、防臭・除菌成分もしっかり配合しているので、アンダーヘアーまで、丸ごとケアしてくれるのも嬉しポイントです。

 

ユーザーには嬉しのが、初回購入価格が驚くくらい安い、また、効果を感じなければ無期限返金保証もあるので、1度試してみるのがいいかもしれませんね。

 

 

こちらも人気!独自のアプローチで匂いを対策

★体が持っている自洗機能を強力にサポートし臭いを抑える↓↓

インクリア

インクリアはデリケートゾーンのにおいとオリモノで悩む女性のために産婦人科医と共同で開発された専門医療品で、高い効果が実証されたデリケートゾーン専用の1回1本使いきりタイプの膣洗浄ジェルです。インクリアを使用した女性の約88%がその消臭効果に満足しています。

 

血液や体液のバランスを保つペーハーバランスでは腟は通常3.8〜4.5phで酸性に保たれており、細菌の侵入や繁殖を防ぎます。これが腟の自浄作用で、この機能の乱れによりデリケートゾーンが臭うことに注目したのがインクリアです。

 

乳酸は腟内環境維持に効果があり自浄作用をサポートします。インクリアは乳酸成分を補給し腟内環境を整え、自浄作用を強力にサポートすることで、においの元やオリモノの臭いを根絶します。

 

  

 

価格 容量 評価

3本:1,296円
10本:3,888円

1本:1.7g デリケートゾーン,臭い,対策

 

★内側(サプリメント)と外側(専用石鹸)のWでアプローチ↓↓

フロプリー

フロプリーはデリケートゾーンのむわっとした不快なにおいを97.7%カットする薬用パーフェクトセットです。サプリメントとデリケートゾーン専用ソープがセットになっており、まとわり付く嫌なニオイを身体の内側からと外側から徹底的に除去する仕様となっています。

 

臭いの出どころは体内からのアンモニア臭と体外での雑菌臭ですが、従来品は雑菌臭だけに注目していました。アンモニア臭に効く成分を徹底的に研究し、体内と体外の両面からアプローチする新発想のケアグッズがフロプリーです。

 

加齢の変化やストレスをケアする成分も贅沢に配合されおり、女性特有の身体バランスを整えます。美容雑誌やメディアでも特集され、女性達に高く支持されているのがフロプリーです。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 5,800円 サプリメント:90粒

専用ソープ:30ml

デリケートゾーン,臭い,対策

 

忘れないで!アンダーヘアも強烈な匂いのもと

デリケートゾーンが臭う原因の1つに、アンダーヘアーがあります。尿が付いてしまうのと汗や皮脂、垢が発生し、蒸れる環境下にあるので、どうしても陰毛には雑菌がこびりついてしまいます。

 

もし、抵抗がないのであれば、パイパン(完全脱毛)にしてしまうのが、ニオイ対策には最も効果的です。ただ、ちょっと抵抗があるし、温泉に行く時も恥ずかしいと思う方も多いでしょう。

 

そんな方にオススメなのが、VIOラインのお手入れです。

 

ただ、場所が場所だけに、自分では簡単にお手入れができないということです。皮膚が薄く弱い部分ですし、少しでも傷つけてしまったら大変です。

 

お金に余裕があるのであれば、ここは自己処理するのではなく、エステなどのプロに任せるという選択もいいかもしれませんね。

 

 

また、今はアンダーヘアに特化した商品もでており、アンダーヘアーの匂いケアだけじゃなく、ゴワゴワ・チクチクの髪質を、さらさらにしてくれる効果が期待できます。

 

キューティクル効果により、チクチク毛が下着や水着からはみ出すのを抑えてくれるでしょう。

 

 

石鹸は弱酸性と弱アルカリ性のどちらを使うべき?

 

しばしば誤解されやすいのがデリケートゾーンを清潔にするとき使う石鹸やボディソープです。石鹸やボディソープの洗浄成分には弱酸性と弱アルカリ性があります。

 

デリケートゾーンは洗い方に気をつけるのはもちろんですが、使用する石鹸石けんやボディソープにも注意する必要があります。デリケートゾーンは皮膚が薄い粘膜なので、使用する石鹸やボディソープに含まれている成分の影響も受けやすいのです。

 

 

化学合成の界面活性剤は要注意!

一般的な石鹸やボディソープで化学合成の界面活性剤を含むものは、洗浄力が強いので角質層が薄いデリケートゾーンの粘膜には強い刺激になるリスクがあります。

 

また、洗いすぎると善玉菌までが洗い流されてしまい、悪玉菌が増えて臭いの原因になるリスクがあります。さらに添加物の成分は肌荒れなどの肌トラブル原因になることがあります。

 

 

合成界面活性剤は粘膜には要注意!

泡立ちのよい石鹸やボディソープは洗浄力の面では良いのですが、泡立ちがよいということは界面活性剤が強いことです。したがって洗浄力が強いのですが、それは化学合成でつくられた合成界面活性剤だからです。

 

洗浄力の高い合成界面活性剤は皮膚に必要な成分まで落としてしまうことがあります。特に粘膜には刺激や負担を与えるリスクが大きくなります。

 

 

弱酸性と弱アルカリ性ではどちらを選ぶべきか?

デリケートゾーンを洗うための石鹸やボディソープは、不要な雑菌と汚れを落としながら、一方でデリケートな粘膜に刺激や負担を与えないものを使うことで、弱酸性と弱アルカリ性も重要なポイントになります。

 

弱酸性が肌にやさしいイメージを持っている理由は、皮膚や粘膜が弱酸性なので皮膚に馴染みやすく負担にならないからです。ただし注意が必要なのは酸弱性の石鹸やボディソープには合成界面活性剤が使われることが多いことです。

 

また、石鹸は製造方法の性質上どうしても弱アルカリ性のものが多くなります。弱アルカリ性の石鹸やボディソープは弱酸性の皮膚の汚れを落としやすくなるので汚れを落とすのにはいいのですが、洗い過ぎると皮膚に過剰な刺激や負担になります。

 

以上より、「弱酸性で合成界面活性剤が使われていない石鹸」がデリケートゾーンの臭いケアには良いでしょう。

 

 

 

■デリケートゾーンは刺激しないようにやさしく洗うこと
デリケートゾーンにはアポクリン汗腺が集中しているため臭いがしやすくなりますが、臭いの原因となる雑菌の餌である皮脂や汗をしっかり洗い落とすことが重要です。

 

ただし、洗う際に強くこするとデリケートゾーンに必要な善玉菌まで洗い流してしまうリスクがあるので、弱アルカリ性の石鹸やボディソープを使い、洗う部分をこすらないように、やさしく洗うことが大切です。

 

>>>【人気の記事 】 目次へ戻る

 

 

それ正しい?デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンの正しい洗い方は知っていますか?親が教えてくれるわけでもないですし、意外と知らない人も多いんです。洗い方が悪いと、デリケートゾーンのニオイの原因にもなりますので、しっかりとマスターしちゃいましょう。

 

 

デリケートゾーンを正しく洗えば気分も良い!

身体を不適切な方法で洗っても、気分が良くはなりません。デリケートゾーンの場合、特に入念に正しさを追求しないと、臭いが悪化してしまいます。また、誤った洗い方をしてしまうと、かゆみやかぶれが発生する事もあります。

 

 

デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンを洗う際には、通常のボディソープや石鹸ではなく、デリケートゾーン用のものを使いましょう。ぬるま湯でもそれなりに泡立ちますが、必ず泡立てネットを利用するようにしましょう。泡立ち方が5倍は違うはずです。

 

どうしても、泡立てネットが用意できなければ、この方法で、手で泡立ててみましょう。

 

 

デリケートゾーンを洗う順番は「陰毛→性器の細部→肛門」というのが適しています。細部には汚れが蓄積しやすいので、指の腹を使って慎重に優しく洗ってください。ただし膣の中を洗浄する必要性はないですし、強くこする必要もありません。と言うよりも、強くこするのは厳禁です。

 

 

「泡で転がすように洗浄する」というイメージを強く持ち、洗浄が完了したらシャワーで十分に流しましょう。このとき、ぬるめの温度にする事をお忘れなく。

 

 

部分泡パックもおすすめです

デリケートゾーンにパックなんて必要?と感じるかもしれませんが、泡パックは臭い除去に役立ちます。洗い終わったデリケートゾーンに泡を乗せ2〜3分ほど放置します。

 

ただし、泡パックに適した石鹸とそうでない石鹸が存在します。泡パックは乳首の周囲や、脇下にも施せますので、デリケートゾーン以外にも試してみるのもいいでしょう。また、生理期間中でも、危険性はありませんので、続けて大丈夫です。

 

 

<おまけ>デリケートゾーン専用石鹸のおすすめ利用方法

デリケートゾーン専用石鹸は「専用」と謳ってはいますが、顔を洗うのにも適しています。やはり低刺激ですからね。

 

洗い心地がすっきりしていて、化粧水をよく吸収し、美白に近づけてくれるそうです。デリケートゾーンのくすみ等にも、有効だと考えていいでしょう。

 

>>>【人気の記事 】 目次へ戻る

 

 

このタイミングで男はデリケートゾーンの臭いをチェックしている

84%もの男子が気になってしまってデリケートゾーンのニオイ。いくら、女子と行為はしたくても、デリケートゾーンが臭ければ、さすがにクンニまではしたくないのが男子の本音です。また、あまりに臭ければ、立つものも立たない時だってあります。

 

しかし、いざパンツを脱がしその部分に接近してみるか、触れてみなければ、どのくらいのニオイか把握できません。そのため男子は、必ず事前にチェックを行っています。そのタイミングは、
指でクチュクチュした後、女子が感じ始め目をつぶり、他の部位を愛撫し始めた時の一瞬です。
一連の動作の中でさりげなく、臭いレベルをチェックしています。ここで、その後の舐める行為をするかの判断をしています。

 

相手との初めての行為で、仮にシャワーも浴びず勢いのままに行為が始まった場合、クンニをしないのも不自然です。もし、ここのチェックで想像以上に臭かった場合、この男子にとってはまさに生き地獄です。

 

 

本気で愛し合ったなら臭いなんか気にせずに、舐めるという行為はしてもらいたいものですよね。ただ、男は素直な生き物です。1度はクンニしても次回以降はないでしょう。本当に最悪のケースは、デリケートゾーンの臭いが原因でお付き合いに終焉を迎えることだってあります。

 

言葉も存在しなかった大昔、デリケートゾーンに限らず陰部の臭いは、異性の注意を引くために臭いを発していたと言われています。今では誰からも、けむたがれる存在になっているので、困ったものですよね。

 

 

それはさておき、普段からデリケートゾーンのお手入れをしっかり行い、お互いが気持ちよく愛し合えるようにしておきましょう。

 

>>>【人気の記事 】 目次へ戻る

 

 

なぜデリケートゾーンの保湿が必要なのか

デリケートゾーンの臭いで悩むのは欧米でも同じようで、デリケートゾーンのケアをピュービックケアあるいはピュビケアと称し、母親が娘にケアの仕方を教えるくらいポピュラーになっています。

 

デリケートゾーンは乾燥しがちになる

デリケートゾーンの皮膚の角質層は外気に触れる顔よりも薄なっています。ところがトイレへ行くたびにデリケートゾーンをペーパーで拭く摩擦があり、ショーツとの摩擦があります。

 

年齢とともに、肌が乾燥しやすくなってきますが、同時にデリケートゾーンも乾いた状態になります。またホルモンバランスが崩れがちになる時期は、デリケートゾーンの皮膚が乾きやすくなります。

 

普通に考えるとショーツやストッキングで通気性が良くないデリケートゾーンは乾燥しないと思ってしまいますが、実はこのように乾きやすいのです。

 

デリケートゾーンの保湿が必要な理由

デリケートゾーンの皮膚が乾燥すると、角質と角質の間に隙間ができてしまい肌のバリア機能が弱くなるので、炎症や痒みが起こりやすくなります。

 

炎症や痒みにより膣内環境が乱れ膣内の自浄機能が損なわれ、結果として嫌なニオイを誘発する原因にもなります。また、乾燥した陰部は、衣類との摩擦抵抗も増え黒ずみの原因にもなります。

 

 

したがってデリケートゾーンは顔同様に保湿でのスキンケアが必要になるのです。デリケートゾーンを洗うのは必要ですが、洗い過ぎると古い角質と一緒に必要な角質を取り去ってしまうので必要な水分を保てなくなります。

 

お風呂やシャワーの後ではデリケートゾーンの保湿もしなければなりません。ただしデリケートゾーンの粘膜は敏感ですから美容で使う化粧水は強すぎますので注意が必要です。

 

デリケートゾーン専用のスキンケアアイテム

最近ではデリケートゾーン専用の化粧水を含ませたコットンシートが市場にあります。このシートは携帯することができますからどこででも気軽に使うことができます。

 

デリケートゾーン専用のスキンケアアイテムは他にも色々あります。たとえば女性ホルモンに良い天然オイルが配合されたものがありますし、オーガニック素材のものもありますから、自分で気に入ったデリケートゾーン専用の保湿アイテムを選んで使うようにしましょう。

 

>>>【人気の記事 】 目次へ戻る

 

 

女子の疑問!?デリケートゾーンはどこまで洗ってる?

女性の下半身のデリケートゾーンは、複雑なつくりになっていますよね。そんな時にふと疑問に思うことがあるのが、「これってどこまで洗うの?」ってことです。女の子なら、一度はそんなことを思ったこともあるでしょう。

 

前に、彼氏でも何でもない男友達に、「ちゃんと中まで洗った方がいいよ」って会話になりました。ん??中まで??どこまで??

 

そんな会話を掘り下げたトークをご紹介。

引用元:LCラブコスメ

 

◇デリケートゾーンの正しい洗い方はこちらの記事
それ正しい?デリケートゾーンの正しい洗い方

 

>>>【人気の記事 】 目次へ戻る

 

 

<デリケートゾーンのにおい対策について>
医学的に人体を見た場合意外と気が付かないのが、デリケートゾーンが皮膚ではなく、粘膜だということです。粘膜は分泌物を排出しますから、それが汗などで汚れると雑菌が発生して、デリケートゾーン特有の嫌なにおいになります。したがってこのにおい対策は、清潔にすることと分泌物を減らすことが必要になります。
■デリケートゾーンのケア注意点
デリケートゾーンが粘膜ということは外からの刺激に極めて敏感だと言うことです。したがって清潔にしようとして洗うことは必要ですが、洗い方には注意しなければなりません。すなわち洗うのは優しく粘膜を必要以上に刺激しないようにします。この際に石鹸は刺激性があるので低刺激の石鹸を使うようにしましょう。ぬる目のお湯で洗うことがおすすめですが、丁寧に洗うことと、拭いたあとで乾燥しないように保湿剤を使うケアをしましょう。
■ほか気をつけたいポイント
デリケートゾーンも汗をかきますが、それをそのまま放置しないで汗を優しく確実に拭き取るようにしましょう。またナプキンはきれいそうでも頻繁に取り換えることをおすすめします。さらに体内からの分泌物を減らすためにはたとえば乳製品などの動物性脂肪の摂取を減らすようにしましょう。つまりデリケートゾーンのにおいの原因となる分泌物と、汗などでの蒸れで発生する雑菌が付着しないように気をつけることがにおい対策の基本です。